やまげの日記


by yamage1999

“鹿島の鉄人”本田が引退「他のユニホーム姿は想像できない」~追いコンを前に その2~

一人、僕の大好きな選手が引退します。
追いコンを前に、ご紹介させていただきます。

以下抜粋

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://www.sanspo.com/soccer/top/st200612/st2006122201.html

J1鹿島の元日本代表MF本田泰人(37)が今季限りで現役を引退することが21日、分かった。6日に鹿島と来季の契約を更新しないことが決まり、他クラブへの移籍との二者択一で悩んでいたが、この日の鹿嶋市内での練習後にクラブ側に引退の意志を伝えた。

 ミスター・アントラーズ-。自他ともに認める“称号”を外すときがきた。本田がチーム練習後に、現役引退の意志をクラブ側に伝えた。

 「退くことに決めた。アントラーズ以外のユニホームを着ている姿が想像できないしね。家族を不安にさせるわけにもいかないから決断した」

 Jリーグが開幕した93年から、同一クラブでプレーを続けてきた唯一の現役選手。だが、先月16日にクラブ側から引退勧告を受けた。鹿島残留の可能性、他クラブへの移籍を視野に入れ、1カ月以上も悩み抜いた末の結論だった。

~中略~

 天皇杯までプレーを続け、引退後は鹿島が何らかのポストを用意するという。一方、解説者としても活動する。「スーパーバイザーみたいな形でもいいから、鹿島のために恩返しをしたい。その前に10冠で締めくくりたいね」。天皇杯に優勝すればJリーグ初の10冠を達成する。前人未到の大記録へ完全燃焼し、新たな人生に突き進む。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





クラブ愛の続きですが。
どうしても、伝えなくてはならないニュース。

我が鹿島アントラーズの、永遠の主将、でしょうか。
95年から11年間。ずっと主将を務めていました。
アントラーズが過去に築いてきた9冠の全てに携わってきた彼の引退は、
もちろん来るべき時が来たということもありますが。


Jリーグが開幕した93年から、同一クラブでプレーを続けてきた唯一の現役選手。

大きな意味を持つ言葉だと思います。
彼の経験は多岐におよび、我がアントラーズに大きな影響を与えてきました。

チームを鼓舞するリーダーシップ。
相手エースを封じ込めた勝利への闘争心。
鹿島らしいとまで言われた「マリーシア」。

いわゆるエースと呼ばれる、かっこいい選手ではなかった。
けど、僕に「ボランチ」という縁の下の力持ちのすばらしさを教えてくれた選手。
チームにとっては必要不可欠だったんじゃないかなぁ。

♪お~~~!お~~~!おっ!!ほんだやすと!!!!♪

彼の今後の活躍を期待します。
[PR]
by yamage1999 | 2006-12-22 23:08 | 戯言