やまげの日記


by yamage1999

クラブワールドカップ

決勝戦。
バルセロナVSインテルナシオナル。

おもしろかった~~~~~。
クラブWCはすごく注目してたんだけど、忙しくてなかなか観れなかったんだけど。
今日は決勝戦を堪能させていただきました。

いや~~~、本当にブラジルのサッカーは面白い。味わい深い。
雑誌の受け売りだけど、バルサ対策としては中盤をいかに激しくマークして、前線のスーパースターたちへの危ないパスを通させないことが重要といわれていました。
それをきちっとこなした結果、ロナウジーニョはほとんどいい形でボールに触れなかった。
そして耐えて耐えた後のカウンター。
特にロナウジーニョが上がった裏のスペースを。
そういうコンセプトをきちっとこなせるだけの技術と戦術眼と闘争心。
そしてイアルレイ。
すごいね彼は。
ボールを失わない。
柔らかく相手ディフェンスをいなして、周りにいいボールを供給する。
決勝点も彼のボールタッチからの、スルーパスからでした。
さいごはきっちりマリーシアを発揮して、完封。

バルセロナも攻撃サッカーで、応援していたんだけど、
サッカーっていうのはこういう試合があるから、面白いんだなぁ。

南米勢は日本に相性いいんだろうか。
クラブ世界一とかは結構南米が勝っている、気がする。
ちゃんと調べたわけじゃないけど。
前評判どおりに入ってない試合が多い気がしますね。
それもサッカーの面白さ。
いい試合を楽しませてもらいました。
[PR]
by yamage1999 | 2006-12-17 21:29 | 戯言