「ほっ」と。キャンペーン

やまげの日記


by yamage1999

ボトルケース入り粒ガムの「捨て紙」を活用する

これはすごいわ・・・ドンドン使っていこう。
ECO-RESOですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061016-00000001-zdn_b-sci

 
 ボトルケース入りの粒ガムが売れているようだ。コンビニに行っても、これまで携帯用の包装だったガムが置いてあった場所に、ボトルタイプのガムがドーンと置かれていることが多い。実売およそ600~800円――お菓子としては高単価な製品でありながらガムの棚を占有するほど売れているのだから、こうしたビジネスはやはりアイデアが大事だよなぁとつくづく思う。個人的には、オフィスの眠気覚ましに必需品と言える「BLACKBLACK」がボトル化されて非常に重宝している。


 さて、こうした粒ガムのボトルケースの中には、ガムを捨てるための「捨て紙」が付属している。この捨て紙、多くはのりをはがして1枚ずつ使うようになっており、傍目には3Mのポストイット=付箋紙にしか見えない。特に「BLACKBLACK」や「キシリトール」などロッテのガムに付属している捨て紙は色も薄いブルーで、最初は本気でポストイットが入っているのかと勘違いしたくらいだ。

-中略-
 
 いずれにしても、ボトルが空になった頃、捨て紙だけがぽつねんと残されることが多く、捨ててしまうのももったいないので、他の用途に使えないか思案してみた。一般的な付箋紙に比べてやや厚みがある以外は、まんま付箋紙の使い勝手なので、フツーに付箋紙の代用として使える。多少ノリの粘着力が弱い気がするが、使い勝手にそれほど差はない。

 捨て紙のタテヨコ比は各社ともなぜか4:3が基本で、一般的な付箋紙よりは幅がある。これを生かして、書類や雑誌の章ごとにタブ代わりに貼っていくと、本の内容を検索する際に便利だ。一般的な付箋紙に比べて厚みがあるので、付箋を目印にページをめくるのではなく、付箋そのものでページをめくるという感じになって、意外に快適だったりする。

 このほかにも、小型付箋紙では文字が収まらない、だが大判サイズでは面積が広すぎるという用途には重宝する。例えば、買い物メモをサイフに貼り付けるといった使い方においては、4×3センチのこの捨て紙付箋紙はなかなか便利だ。

 以上、「サイズが特殊」「やや厚め」「粘着力が弱め」という特徴からして、探せばいろいろな活用法が出てきそうである。筆者と同じようなコトを考えている方が日本中にどれくらい存在するのかはまったくもって不明だが、捨て紙付箋紙の超便利な活用法を思いつかれた方は、是非トラックバックやはてなブックマークなどでお教えいただければと思う。


いいね、こういうアイディア大好きです。
[PR]
by yamage1999 | 2006-10-16 16:40 | ECO-RESO