やまげの日記


by yamage1999

ap bank fes'06 2日目 その2 2006/7/16 夕方

ずいぶん間が空きました。
あの感動が薄れていく・・・のはさみしいことだ。
けど、あの日からもちゃんと続けている行動とか、
そんなものが自分の身体に染み付いていけばいいなぁ。

さて。夕方。
Bank Bandのラスト曲は「evergreen」My Little Loverの名曲ですね。
アレンジがすごくて、後のカラオケでも「なんか違う?なんか違う?」となっていたのですがね。
すごく壮大な、そしてつま恋の自然ともすばらしくマッチしていました。
いい曲・いい緑・いい笑顔。
いろんなものが続いていってほしいと、強く願いました。

そうして、休憩を挟み、ついにMr.Childrenの登場です。
初日のレポートでは結構終盤はしょっていたので、じっくりと。

1曲目は「HERO」
そういえば昔小田和正がHEROを歌ってたことがあったなぁ。
それこそ「クリスマスの夜に」で。
ぼくは一番好きなくだりが、「僕の手を握る少しちっちゃな手 すっと胸のよどみを溶かしていくんだ」ってところなんですけどね。
あれって、恋人にあてられてるんですかね?それとも子供?
ただ、どちらにしても、愛する人に贈られる、すばらしい言葉。

2曲目はこの日は「NOT FOUND」
この曲もライブで聴くとすごい迫力。
もともと「壮大な音に乗せてすごく激しい声をぶつけようとした曲」
とその昔、桜井さんはおっしゃっていましたが、
そういう曲がライブになると、もうすごい。
はげしかったです。
どうやら2曲目だけは日替わりだったみたいですね。
最終日はボクが大好きな「PADDLE」だったみたい。
「笑顔でいりゃいいことあると思えたら それがいいことの序章です」
おれのテーマソングですから。

3曲目。「ほころび」
MCで、「去年のフェスが忘れられなくて。つま恋の青い空をイメージして作りました」
とおっしゃっていましたが、それを聞いてこの曲がすごく好きになりました。

4曲目。「彩り」
初日に詳しくレポったから、省略。省略もエコです(笑)

5曲目。「掌」
これはですね、アレンジが変わっています。
「シフクノオト」ツアーで使われたバージョン。
実はこれ、大好きなんですよ。すごく迫力あるし。
興味ある人は・・・シフクノオトのDVDでも借りてみて。

6曲目「ストレンジカメレオン」
the pillowsのトリビュートアルバムでMr.Childrenが歌っているんですけど、いい曲です。
君もストレンジ、ボクもストレンジ。
初日のレポートでも書いたけど、これが一番迫力があったかなぁ。
会場はねまくりでした。

7曲目「終わりなき旅」
昭和の復興期を映像として流していましたね。
どういうメッセージか・・・なぁんてことを考える・・・余裕はありませんでした。
音楽に夢中で。
そして、この日はここで帰らなきゃならなかったので、後ろを振り返り振り返り、聞いていました。
終わりなき旅は僕の浪人時代の曲で、すごく勇気付けられた曲。
そして今聞いてもそれは変わらないですね。

「閉ざされたドアの向こうに新しい何かが待っていて きっときっとって僕を動かしてる」

がむしゃらに突き進んできた昭和。
そして大量生産の時代が来て、平成に入り、地球環境を大事にしなきゃって時代になってきている。
どんな人も生きていく中でいろんな壁にぶち当たって、そしてそれを乗り越えようと努力する。

理想の社会って、どれがって答えはなく、同じく理想の自分も、どれがって答えはない。
けど、なりたい自分、なりたい社会に向けて努力する。
エコもそれの一つなのかな?
なぁんて、自分、書いててよくわかんないことを書いてる?

8曲目「箒星」
これはもうライブエリアからは出ていて、フードエリアのあたり。
なぁんとなく口づさんでいたら、相棒に突っ込まれました↓
すごく大好きです。
これも、TOYOTAのCMで、トビラをあけよう、キャンペーン中ともあって、前向きな感じ。
曲に関しては詳しくレポートしたことがあるので省略しますが、すごくすごくよかった。
最後まで見たかった~~~。

9曲目「Sign」
もう最高です。が、音は遠かった。
すごく大好きなlove songです。
幸せな気持ち、本当に広がりました。

そんなこんなで、2日目も終了。
すばらしいFESでした。
いっぱい自分土産も買いました。
エコ雑貨、そろえてみると楽しいかも。
水分吸収がよくて、しかも土に埋めるとそのまま吸収されちゃう布巾とか。
おもしろい。
いろんなそういうグッズがあるんだっていうのも勉強になったなぁ。
いろんな新しい刺激をいっぱい受けたフェスでした。
[PR]
by yamage1999 | 2006-07-22 18:08 | ap bank fes'06