やまげの日記


by yamage1999

ワールドカップ

日本のワールドカップが早くも終わってしまいました。
非常に悔しいし、もっとやれたのでは、と思います。
99ワールドユース準優勝のゴールデンエージが主力になるべきチーム。
最終的にレギュラーになったのは高原、加地、小笠原の3人でしたね。
実はその学年は僕と同年代。すごく応援していたチームでした。日韓WCもその世代が主力。
しかしそんな中、今回のワールドカップで闘志を感じたのは
中田英寿、川口能活のアトランタ五輪、そしてジョホールバル→フランスWCと戦ってきた2人のベテラン。

94年WC優勝したブラジルの闘将ドゥンガの名言、
「ブラジルが優勝するには11人のライオン、11人のドゥンガが必要だ」
という言葉を思い出しました。
日本がグループリーグを突破するには11人の中田英寿が必要なのでしょう。
昔は中田のコト好きじゃなかったけど、今は本当にすごいと思う。
最後まで走りぬく気力・体力。今日はパスミスが多いのが気になったけど、
とられても追い返す、そういう気持ちの入ったプレーを最後まで貫いていた。
他の選手も・・・もっとそういうシーンを見たかった、というのが本音。
点が取れないのはFWだけのせいじゃない。

本人がこれが最後として臨んだワールドカップ、悔しい思いでいっぱいだと思う。
(・・・しかしテレビの人の中田へのインタビューは感じ悪い。今次の話をしなくても・・・)
最後にピッチに仰向けになった彼の姿は感動的だった。
最後・・・といわず、南アフリカの舞台でラストダンスを見せてほしいという気持ちは俺にもあるけどね。
今はゆっくりと休んでほしいと思う。

しかしながらわれらが代表。
玉田の先制点、川口のビッグセーブと見所はつくってくれました。
敗退してしまったという現実、これがひとまずの現時点の実力。
初出場のフランス、ホームの日韓、そういう意味では本当のワールドカップは今回が初めてだったといえるでしょう。
我々ニッポンの立ち位置がわかったんじゃないかなぁ。
けど、そういう意味でも世界は強く、その現実がすごく悔しいですね。

さぁ次回の南アフリカワールドカップ。
本当の意味での16強への挑戦は今日からスタートですね。
頑張ってほしいとおもいます。
われらの代表を、暖かい気持ちで見守っていきたいと思います。
そして最初にあげた同世代の代表も次のWCには30歳。
さらに成長した代表に期待したいと思います。
[PR]
by yamage1999 | 2006-06-23 07:37 | 戯言