やまげの日記


by yamage1999

鹿島アントラーズ

え~と、知ってる人もいると思いますが、僕は大のサッカー好きです。
弟の嫁さんのツテもあり、日本代表の試合も見させていただいたことがあります(あつ、サンキューでした)
そして、Jリーグ開幕当初から愛するチームが、鹿島アントラーズです。
Jリーグ開幕いきなりのジーコのハットトリック。
最下位を予想された中でのステージ制覇。
チャンピオンシップでのヴェルディ相手の悔しい試合・・・。
基本的に僕はアウトサイダーが好きなので、ヴェルディ有利、みたいな状況で
むっちゃ頑張ってる地方のチーム、そんなアントラーズが好きになり、
その後成長してJリーグTOPの戦績を誇るチームになっていったわけですよ。
そんな愛する我がアントラーズですが、ここ数年不振にあえいできました。
しかしですよ、今年のアントラーズは違う!!
決定力のあるブラジル人FWが入り、若手も成長してきて、
今年は開幕ダッシュに成功して独走状態になりつつあります。
超うれしい!
まぁそんなこんなで今日は宿命のライバル、ジュビロ磐田との試合だったようで。
この頃試合のときたまたま暇だったらインターネットで音声ライブを楽しんでいるのですが、
今日はいかんせんICLSのおかげで結果だけ確認。
2-1で勝利してくれました。すばらしい!!
まぁそんなこんなで上機嫌です。ICLSも楽しかったし。
今日はビールでも飲みながらスポーツニュースを楽しもうかなぁ。

さっきうちでMr.ChildrenのDVD「シフクノオト」をかけながら、お風呂に入っていました。
d0016728_2202369.jpg
そんな中、PADDLEの歌詞に久しぶりに癒されました。
「いいことがあってこその笑顔じゃなくて、笑顔でいりゃいいことあると思えたらそれがいいことの序章です」
っていう歌詞があるんですよね。

僕は笑顔でいることって、逆に言えば日常の些細な出来事の中に
笑顔の素があるってことに気づく努力をすることなのかなって思っています。
例えばそれが、アントラーズが勝ったことかもしれない。
例えばそれが、Mr.Childrenの素敵な歌詞に癒されたことかもしれない。
例えばそれが、たまたま久しぶりに友達に会えたことかもしれない。
例えばそれが、めんどくさいと思っていた講習が、すごく有意義だったことかもしれない。
例えばそれが、スポーツニュースを見ながら勝利を祝っておいしいビールを飲むことかもしれない。
例えばそれが、仕事むっちゃ頑張って、充実してるっていうときかもしれない。
例えば、例えば・・・思ったよりいっぱいありますよね。

日々の色んな楽しいことを素直に楽しむ、つらいことからも笑顔の素を拾う。
そんな人に、ワタシはなりたい。笑顔でいる自分のほうが好きだしね。

自分は普通の人よりも絶対楽しいことを探すのは得意だって思っていたけど、
なんかこの頃思ったより気持ちの余裕がなくて、笑顔がなかったのかなって気がします。
そんな時だからこそ、笑顔の素を探せたらいいなぁ。

そういえば、今日のICLSの最後に一人ひとり挨拶する場面があったんだけど
その中で俊介の挨拶は秀逸に面白かった。
「普段看護婦さんに怒られてばっかりだから、久しぶりに褒められて楽しかった」
みたいな事を言ったんだっけかな。
あぁ、それってあるよなぁ。自分も結構怒られて笑顔削られてるかもなあって思って、
研修医の現実っぽい感じをついてて面白かった。
あぁいう気の利いた冗談で笑顔を創れるっていうのはやつのいいところだと思う。

まぁそんなこんなで、笑顔の話でした。
[PR]
by yamage1999 | 2005-04-24 22:31 | 戯言